最先端医療ー量子コンピューターと健康(1)ー量子デバイスcs60の未来



最先端医療について考えたときに、量子コンピューターは欠かせない分野です。


マーケット・市場は15年単位で、主力の分野が入れ替わるのがセオリーなのです。


実際、そのビジネスの分野でも、15~30年前、世界の時価総額の主流企業が、ごっそり入れ替わっています。


以下、参照ください。


=======================================

(引用元: フィナンシャルスター


=======================================


同じことが、「バイオメディカル市場」など限定しても起こるのですね。



世界は過去20~10年の中で、これから伸びる市場分野として「バイオメディカル分野」に注力してきました。



先進国の高齢化社会、福祉分野、ハイテクノロジーが生物学という分野に入り込むことを見越して今その真っただ中にあるのです。


遺伝子工学という分野や、生物物理学という分野が発達してから、

「病気になってからの治療」から既に「病気にならない」「未然に防ぐ」という分野に市場は既に移っていっています。



現在が2021年末であるが、既に約3年前から2019年頃から、



アメリカを中心に、既に世界の次の市場は、「アンチエイジング」「若返り」という方向に移行がはじまっており


最先端の分野やそこの市場を占拠することを狙っての陣取り合戦がはじまっていました。



目の前で繁盛している分野はすでにピークであって、次の市場は見えない水面下で動いていたということ。そして今も。



そうしたことを鋭く嗅ぎ取ることが重要です。



その中で、2021年3月、日本の川崎に世界で3番目に量子コンピューターの本格的な設置が開始された。米国、ドイツに続いて世界で3番目。



日本は量子コンピューターの分野では世界の最先端・覇権を争っている国でもあります。


世界最速の処理速度を誇る「富嶽」も2021年、世界第1位を獲得しました。



2021年現在、私たちが日頃使っているスマホは、15年前ー2005年頃のスパコン波の処理速度といわれています。



2005年前の巨大な計算機が、6×15cm四方のデバイスに納まっている時代なのです。











5年、10年、20年、と世界のテクノロジーの進化を予測すれば、医療の分野もバイオの分野も恐ろしいスピードで情報更新・革新されていくことがわかるが


目を光らせておかないと、本当の最先端の情報はつかめないものです。



病気・故障のポテンシャルは遺伝子をみればわかるのだから、それを圧倒的な計算処理で検知し、未然に防ぐ。



ひとりひとりの遺伝子に最適な薬・栄養素・ライフスタイルまで全て計算で出されるようになります。

それも一瞬で。








その世界の覇権争いが今、繰り広げられているのです。




その点で、「量子デバイスcs60」というのはまさに最先端の技術のひとつです。



有名な政治家、経営者、芸能人から一般の人まで、知る人ぞ知る、という人から活用している。ここでは大きくお名前までは公表することはできません。




この機器は、もともと建築業界でも革新を続けていた技師が発明したもの。



まさに最先端の産業技術の賜物だ。



例えば、病気とかケガとかの幹部・要因になっている部位。



その部位を究極、ミクロのところまで細分化して分けていくと、必ず病理の原型も「分解」されます。



量子の世界は「波」と「粒子」の両輪。



「観測」すれば「粒子」になり、観測されていないうちは、スピン運動(とりあえず回転運動と想像していて頂ければOK)している状態。



その運動法則を応用して、微細な素粒子、電子を患部に飛ばしていく。



そうすると、病理・故障の部位の蓄積されたうっ滞=H+(陽子)が電子と結合し、最終的には水(無害)にまで分解され、体外に放出されるのです。



余計なものはいらない。

もう、「充てる」だけ。








「量子」は、「観測領域」と密接に関わっているので、「施術する側」の意識の高さとも大きく共鳴し比例します。



と同時に、治療・施術をすればするほど、「治療される側」も「治療する側」も、良い意味で故障の部位やそれだけでなく、「氣」のうっ滞なども解消されることが仮説されています。



量子の原理を考えると、自明ともいえます。



さて、病理の原因といわれる「細菌」や「ウイルス」といった世界も、素粒子・量子の世界に比べれば、恐ろしく「巨大な」「でかい」世界であり、



こうしたミクロの世界で粉砕していくと、どうなるか、想像してみてほしい。







これは、病気が病気として顕現する前、痛みが痛みとして顕現する前から、マメにミクロに粉砕し、常に未病の状態を維持し続けることができ、



免疫系統に負荷をかけすぎず、より免疫系統を活性化させることとなり病になりにくい体を維持できるのです。



日頃の肩こりー五十肩・四十肩の方も、通い続けることで、

「そんなものは、あったっけ?」という状態になるでしょう。



60兆の細胞1つ1つを圧倒的に活性化された状態を想像してみて頂きたい。


それをデバイスで実現するのが量子デバイスcs60の底力であるのです。










ご興味ある方はこちら↓



今なら、月額9800円で受け放題!!!





マッサージに行っているけれど、「痛みが改善されない」「身体の不調が続いている」「仕事から来るストレスを軽減したい」、「健康を維持したい」そんな方はぜひお試しください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

詳しくはこちらのページへ(お客様のお声を掲載しています)