大谷翔平、羽生結弦のプロトン健康法と次世代型整体/マッサージの量子デバイスcs60



やはりトップアスリート、プロ野球のトップやオリンピックのメダリストともなるレベルになると、普通のケアでは足りないものです。










周囲でフォローするコーチやケアマネージャーが専属で、またはチームとしてサポートしているし、球団だってそういった情報収集や機械の導入にはお金を惜しみません。



1994年生まれの同級生である、大リーグの大谷翔平選手とフィギュアスケートの2大会連続金メダリストの羽生結弦選手は、「羽生世代」といわれ今なお第一線で活躍中だ。



※【引用:「第50回テレビ朝日ビッグスポーツ賞」受賞時の2人】






実はこの2人をはじめ、トップアスリートが実は活用している原理、それが「プロトン水」の活用だ。



トップの選手は、とにかくリカバリーがもっとも重要。



練習でも相当酷使をするけれども、長く世界のトップに立つために、体のダメージはなるべく少なく。回復を早く。









「電子の働き」が大事になるのです。



電子は通常安定的に保存するのが難しいので、水の中に閉じ込めて、飲料として使用したり、スプレーや、最近ではクリームなど、開発されています。









例えば、フィギュアスケートの羽生結弦選手などは、平昌オリンピックの前には、足のケガにより痛み止めを服用して出場、見事金メダルを獲得しました。



怪我から復帰まで約3か月、なかなか治らない怪我を、この「電子」を格納したケア商品を使ってずっとケアを続けていたそうです。




【足の故障を抱えながら見事・オリンピック2大会金に輝いた羽生結弦選手】



このように、最先端の医療ケアというものは、



情報の上流ーーーー最先端のバイオや科学の研究機関から、関連会社、企業の役員など経営者層、そしてこうしたプロアスリート・世界のトップアスリートと関わるコーチなど周辺期間、芸能人、それから口コミで民間へ・・・・



このような経路で流れてきます。


プロトン水・プロトンの量子技術をつかった原理も同様です。




更に、この原理をデバイスで行っているのが、量子デバイスCS60といえるでしょう。



こちらも同様に口コミで広がっていき、今では企業の役員の方々はじめ多くの方が知るところとなりました。



医療器具ではないので、臨床試験といったエビデンスを得ることはしていないのですが、様々な症例に対してよい効果の報告を頂いています。




<量子デバイスCS60の詳細はコチラ ↓↓↓>


量子デバイスCS60について(1)開発秘話→

量子デバイスCS60について(2)メカニズム→




更に、興味のある方はぜひ、こちらを参考になさってください! 


※お客様の声など掲載されています!