五輪メダル期待の羽生結弦選手ケガー足関節外側靭帯損傷と量子デバイスcs60とは



丁度、大きく見出しになっていて、「北京五輪シーズン フィギュアスケート 羽生結弦選手 欠場」として、

スポーツ新聞の各社も一面で取り上げていたので、記事にしてみました。




(引用:アフロスポーツ 西村尚己様 )



その理由は末尾に記載します。



五輪まであと3か月。

冬シーズンですので、スキーのジャンプやスケート競技が話題になってきました。



ご本人のご苦労を考えるかといかばかりか、と思いますが、靭帯損傷とはスポーツ選手の多くは何度もされている故障。




野球・テニスでしたら、肘、足

バレーボール・バスケットも膝・足首

丁度先ごろ開催されていました体操・新体操


冬季スポーツはアクロバティックなものも多いので、


スキーモーグル・スキーフリースタイル・スノーボード

フィギュアスケート










主に、ジャンプが加わる競技、冬季スポーツはただ陸上で走るのと違い、雪や氷の力をつかって運動を加速させるので、通常のジャンプの倍の負荷がかかります。着地に体重の5倍程の負荷がかかるような競技といいましょうか。



成功したら素晴らしいですが、失敗したときのケガのリスクもあります。



羽生結弦選手の場合は4A 4回転半=クワッドアクセルの前人未踏のチャレンジをしているからこそだったのでしょう。




選手たちはそのような過酷なトレーニングを、4年に1度の大会や、1年に1度の世界大会に向けて続けていますね。



国内大会でも勝ち進む必要がありますし、大変なことです。

長くアスリートとして活躍するには日頃のメンテナンス・リカバーも大切です。




才能・センスがあっても長く選手を続けられない人もいらっしゃいますから、

それだけ長く世界のトップに立つというのは大変な作業。




自分をマネジメントする視点がないとできないこと。

長く体を持たせる、リカバーし続ける、という作業。

一流選手というのは、身体能力だけではない、というのが伺い知れます。




実は、私たちが扱っているcs60という機器は、別の記事でも記載していますが、

体の不調、これは、病気・故障も含みますが、究極は体のH+が要因であり、それらをいかに速やかに調和にもっていくかが重要と捉えています。



そのために生み出された機器です。


あまり過大なことは申せませんが、事実として。


「靭帯を切ってしまった人がその日のうちに歩いて帰れた」

というエピソードが実際にあるのです。



なので、スポーツ選手にも、知って頂きたいですね。



できれば、大きな手術をする前に、ご自身の体がもつ治癒力でもって解決できるならばそれが一番いいです。


また後遺症的な「イップス」に悩まされる人もいらっしゃるかと思います。

そうした前に、「大丈夫だ」と思える情報があれば、安心だろうと思います。






やはり、世界大会・五輪など国際試合になりますと、

「日本という国」が世界に知らされることになる。



ある意味、大変な外交です。


そうした交流があるから、ビジネスが上手くいったり、国家間の交流が活性化することもあるわけですので、



こうした世界で活躍できる選手はしっかりサポートして差し上げるのが重要かと思います。



手前みそですが、こうしたことを含めて本当に大事なことと思いますので、1日も早くこうした施術や技術が羽生結弦選手はじめ、スポーツ選手各位、多くのお困りの方々に情報が届けばと願ってやみません。




<量子デバイスCS60の詳細はコチラ ↓↓↓>


量子デバイスCS60について(1)開発秘話→

量子デバイスCS60について(2)メカニズム→




更に、興味のある方はぜひ、こちらを参考になさってください! 


※お客様の声など掲載されています!